交通事故で物損に関する賠償金を請求する

事故交通事故の被害に遭うことは非常にストレスです。慌ててしまうこともあるかもしれませんが、交通事故にあった時こそ冷静に対処することによって、その後の様々な生活において役に立ちます。交通事故の被害にあった場合怪我をした際の損害賠償はもちろんのこと、自分の物が壊された場合の物損の損害賠償も行うことができます。物損として損害賠償できる項目は決められているため交通事故の被害にあった際にはその項目に該当するものかどうかを確認すると良いでしょう。

物損の損害賠償として該当する一つの項目は修理費です。交通事故によって自分の自動車が何らかの損害を受けた場合、そのぶんにかかる修理費を賠償してもらうことができます。ただし修理が不可能なほど壊れてしまった場合は修理費として請求はできません。またどの程度の修理を行うかといった点もそれぞれのケースによって変わってきますのでしっかりと話し合うことが求められるでしょう。蓋修理が出来ずに全損となってしまった場合には車を買い換えるための差額を賠償額として請求することが可能です。どれぐらいの差額を請求できるかはそれまでの判例や、自分の乗っていた車の年式などによる大まかな相場によって決められていきます。そのため全額賠償額の中でまかなえるというわけではありませんので、買い替えを選択する際にはその点を十分に考慮しましょう。また修理などに多くの期間がかかる場合その間の代車の金額などを請求することも可能です。

Pocket

Comments are closed.